JTNこども自然体験塾 名古屋発バスツアー洞窟探検と食品サンプル作り挑戦




名古屋発の日帰りバスツアーで子供たちと「JTN旅気分」の洞窟体験と食品サンプル作りに行った体験記です。

場所は岐阜県郡上市で体験する洞窟は、「縄文洞ミステリーツアー」と、東海地方最大級の石灰洞窟「大滝鍾乳洞」のふたつです。

長~いお休みは子供たちも退屈するので、バスツアーはよく利用させて頂いています。

利用した事があるツアー会社は一番多いのが今回の「JTN」、後は「カッコーツアー」、「クラブツーリズム」です。

通常は、名古屋駅発というツアーが多いんですが、「JTN」と「クラブツーリズム」は、名古屋駅以外にも割と近い地下鉄の駅が集合場所にあるのが、我が家にとってはメリットなんです。

疲れて重い荷物を持って子供たちと帰るなら、できるだけ近い駅から帰りたいですしね。

また「カッコーツアー」は、ツアーの内容が盛りだくさんだったり、運転手さんや添乗員さんもしっかりしていて安心できますよ^^

さて、この洞窟探検と食品サンプル作りのこのツアーは人気のようで、毎年やっていますね。

ツアーのスケジュールは下記のようになっています。

1.縄文洞ミステリー探検

2.大滝鍾乳洞
・魚つかみ
・昼食の流しそうめん
・鍾乳洞見学

3.郡上(食品サンプル作り体験)

縄文洞ミステリーツアー

最初に到着した場所は縄文洞。

まずは、1人1本の懐中電灯を渡されて説明を聞きました。

縄文洞の中には電灯はないため、懐中電灯の灯りで進んでいくということ。

そして、中には「ある生き物」がいるという事など。

ドキドキしながら、赤い懐中電灯を手に出発しました。

中は、年間を通して洞窟内の気温が15度という事で、ひんやりとして夏でも涼しかったです。

そして、中にいた生き物と言うのは、天井にびっしりのコウモリでした!

写真はフラッシュで撮ったんですが、かなり上の方にいて距離があったからかうまく写りませんでした^^;

割と短い洞窟なので、あっという間に終了。

もう少し涼んでいたかったかも。

大滝鍾乳洞・魚つかみ・流しそうめん

次は大滝鍾乳洞に向かい「ニジマスつかみ捕り」からスタート。

テレビの収録がたまたまツアーについてきていたので、子供たちはレポーターさんと一緒に水に入って一生懸命ニジマスを追いかけます。

ニジマスをつかまえられたら、カメラマンさんが撮影してくれました。

親もデジカメや携帯で撮影しながら、楽しんでいる子供たちを見ていました^^

とったニジマスをバケツに入れて、処理をして焼いてもらったものを後からみんなで食べます♪

次は、「流しそうめん」の昼食です。

つゆを持って、次々と流れてくるそうめんを狙い撃ち?!

この時は、薬味などもなかったので、あった方がもっと美味しかっただろうなぁ。

さて、昼食も終わってトイレ休憩など済ませたら、次は「大滝鍾乳洞」の見学です。

まずは、杉林の中のトロッコに乗って、鍾乳洞の入り口まで急斜面を登っていきます。

鍾乳洞の中も階段をどんどん上がったり、下ったり。

さすが、東海最大級というだけあって、結構長い道のりとなります。

総延長2kmあるとの事。

中も涼しくひんやりしていて、洞窟の中には高さ30mの大きな滝もあったり、その滝壺に亀の形に彫られた石があったり。

色々綺麗な鍾乳石や変わった鍾乳石などが見られるので、長い道のりでも飽きないですよ^^

天井からも水が垂れてきて、足元も水で濡れています。

そして、やっと外に出ると・・・・。

行きはトロッコで登って来ましたが、帰りは長~い下りの階段です^^;

ひぐらしなどの蝉の鳴き声を聞きながら、降りていきました。

次はいよいよ最後のロウで作る「食品サンプル作り」。

エプロンを貸してもらって、子供たちは「海老天」、大人は「レタス」を作ります。

やり方のコツなどを実演を見ながら教えてもらったら、挑戦開始!

うまくできるかな?

こちらが出来上がった食品サンプルです。

なかなか美味しそうに見えませんか?

レタスはお湯の中で大きく薄~い一枚を伸ばしながら作ったら、手でゆるくまるめて、包丁でカットしただけです。

後ろに写っているストロベリーサンデーは、その食品サンプル作りで買えるお土産。

他にも、色々なリアルなスイーツや食べ物などやサンプル、お土産がありましたよ♪

いっぱい遊んだので、帰りのバスではウトウトと寝ちゃいますよね^^




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする