スギ花粉の花粉症はいつまで続くの?2017年の花粉予測

スギ花粉の飛散のピークは2月から3月で、この時期がスギ花粉症でつらい方が多い時期ですね。

地域によって気温差があるため、2017年も西日本は3月頃までがピーク、東日本は4月の終わり頃までピークが続くと思われます。

特に東海地方から九州地方は、昨年の倍以上の飛散数と予測されています。

北海道はスギ花粉症はあまりなく、白樺の花粉症となりますが2017年はシラカバ花粉はかなり少ないと予測されていますよ。

スギ花粉が終わったのに花粉症の症状が治まらない時

スギ花粉の時期が終わったはずなのに、花粉症がなかなか治らない場合は、副鼻腔炎になっている可能性があるかもしれません。

花粉症はサラサラの透明な鼻水ですが、花粉症を放置しておいて悪化すると鼻づまりもひどくなり、黄色いドロっとした鼻水になる事があります。

また、鼻づまりもひどく、ニオイがわからなくなる、頭重感、頭痛、鼻汁が臭くなるようになったら早めに病院に行きましょう。

慢性化した副鼻腔炎は抗生物質を飲んで治さないと、自然治癒は難しく悪化してしまう事もあるので注意して下さいね。

スギ花粉の後、5月以降も花粉症の症状が続くなら

スギ花粉症の症状は、飛散が遅い地方の方でも4月頃にはおさまります。

もし、5月になっても花粉症の鼻のムズムズや目のかゆみや充血が続く場合は、ヒノキの花粉症を発症しているかもしれません。

スギのシーズンが去ってもその後はヒノキの花粉が飛散するため、両方にアレルギー症状がある方は引き続きつらい時期が続きます。

また、人によってスギ花粉よりも、ヒノキの花粉の方が症状が重くなるという場合もあるんですね。

自分が何に対してアレルギーがあるのかは血液検査で調べる事ができるので、花粉症かなと思ったら病院で検査される事をおすすめしますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする