生クリームの植物性は危険?動物性生クリームとの違い




植物性の生クリームの危険性を気にする方も、

全く気にしない方も、買う時に、植物性と動物性の

どちらがいいのか迷った事はありませんか?

植物性の場合は、品名が「生クリーム」ではなく、

「ホイップ」と書かれているので、

見分けはつきやすいですね。

植物性の場合は、「生クリーム」とは

表記できないんです。

価格も植物性のものは100円台、

動物性のものは300円台以上のものがスーパーで

よく見られます。

では、植物性のクリームには、どんな危険性があると思われますか?

植物性はなぜ「生クリーム」と表記できないの?

植物性のクリームの場合、そもそも原料が生乳ではないんですね。

原料が牛乳ではなく、植物性の油脂なんです。

油を人工的に乳化剤、界面活性剤で乳化させており、

クリームと呼ぶ事はできないんです。

動物性の生クリームは、牛乳の脂肪分を原料としています。

バター(動物性)とマーガリン(植物性)でも同じですね。

トランス脂肪酸のリスク

マーガリンもホイップクリームと同じで

植物性の油脂が原料で、動脈硬化や心臓病のリスクが

心配される「トランス脂肪酸」が多い事で、

体に良くない・・・と気にしている方も多いでしょう。

トランス脂肪酸は、「悪玉コレステロール」を

増やすという事で、私はマーガリンを全く

食べないわけではありませんが、昔から

できるだけバターを使うようにしています。

そのためかはわかりませんが、いつも血液検査では

善玉コレステロールの方が標準より多めなんです。

悪玉コレステロールが多いと、

動脈硬化の発症リスクが高くなるので

気をつけたいですね。

今は、善玉コレステロールが多いだけでは安心だと、

明確に判断できない事もわかっていますが、

悪玉コレステロールは増やさないにこした事がないです。

アメリカなど海外ではマーガリンを

禁止していたり、トランス脂肪酸を規制したり

しているんですが、日本ではまだまだですね。

徐々に「低トランス脂肪酸マーガリン」なども販売されるようになりましたが。

>>低トランス脂肪酸マーガリンを楽天でチェック

まあ、アメリカ人ほど頻繁にマーガリンを

食べるわけではないなら、それほど神経質になる

必要はないとの意見もあります。

泡立て済みのこういったホイップクリームも便利ですしね。


【冷凍】ターナーホイップ【楽天市場】

生クリームとホイップ美味しいのはどっち?使い方は?

健康面を考えると、ホイップクリームよりも

生クリームを使いたい所ですが、

ダイエットを気にしている方はホイップを

使いたいかもしれませんね。

生クリームはやはり、ミルクの風味が

豊かでコクがあり美味しいです。

植物性のホイップクリームは、

さっぱりしていてクセがないです。

また、植物性の方は賞味期限が長い点では、

扱いやすい所ですね。

ケーキなどで泡立てて使う時には、

粘り気がある生クリームは、角もしっかり立つようですが、

泡立てすぎると分離したりする事があります。

ホイップクリームの方は、角がピンと立たずに

少し垂れる感じになりやすいですが、

さっぱりしています。

扱いやすさでいえば、賞味期限も長く

乳化剤や安定剤の入ったホイップの方でしょう。

中には、ホイップと生クリームを混ぜて、

泡立てている方もいらっしゃいます。

ケーキ屋さんでも両方を合わせて使う場合もあるとか。

そうする事で生クリームの風味を出しながらも、

ホイップクリームの扱いやすさを

取り入れる事ができるんです。

健康が気になる場合は動物性生クリームも

併用する事で、植物性のホイップクリームの量を

減らせます。

生クリームとホイップの割合は、1:1の割合か、

2:1の割合でもちゃんと泡立つようですので、

試してみられるといいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする