花粉症で熱が38度になる事はあるの?インフルエンザの疑いも・・・

花粉症で熱が38度にまで上がる事はあるのでしょうか?

花粉症の症状は、主に、クシャミ、鼻水、鼻づまり、アレルギー性結膜炎での目の症状がみられます。

また、頭重感、頭痛、カラダのだるさを感じる事も。

ただ、38度の高熱が花粉症だけででる事は滅多にありません。

滅多にはありませんが、中には38度の熱で花粉症と診断されたという話しも聞いた事がありますが。

ただ、それはかなり珍しい事なので、もし、38度以上の高熱が出たら他の原因が考えられるので、病院で診察を受けられる事をおすすめしますよ。

特に、インフルエンザのシーズンには、「花粉症だからだるいんだ」「寒気は花粉症のせいだ・・・」と思っていたら、インフルエンザだったという事もあるので要注意です。

もし、本当に花粉症で熱が出ていたら、アレルギーの症状がかなり強く出ている事にもなりますからね。

自分で市販薬で治そうとしないで、一度、ちゃんと診断してもらった方が安心です。

血液検査のみで、自分が何のアレルギーがあるかが調べられますからね。

ちなみに私は、スギ花粉、ヒノキ花粉、ハウスダストと、その他のブタクサなどのアレルギーもありましたよ。

花粉症の症状の強さは個人差もありますので、自己判断で花粉症だと判断して市販薬で対処しようとしないで下さい。

病院の血液検査で一度、自分のアレルギー抗体の検査をされておくと安心ですよ。

もし、何のアレルギーも見つからない場合は、別の病気かもしれませんからね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする