千秋公園(秋田) 桜まつり2018 お得な駐車場は?開花状況はどう?

秋田県秋田市の「千秋公園」は桜がとても綺麗で、お花見の時期にはたくさんの人でにぎわいます。

秋田では仙北市角館町が桜の名所で有名で、テレビの旅番組でも紹介されるので、ご存知の方が多いんですが、千秋公園の桜も800本あり見事なんですよ(^^)

秋田駅から徒歩10分も掛かりませんので、交通の便が良いのがメリットです。

敷地も広く、地元の人のお散歩コースになっていますので、季節を問わず、秋田に仕事で訪れた時などに、駅前のホテルに宿泊した際は朝のウォーキングなども楽しめますよ。

そんな千秋公園の見どころについてお話して行きますね!

千秋公園の桜まつりの時期、見頃は?

千秋公園は、「日本さくら名所100選」にも選定されている、桜のお勧めスポットです。

公園整備は今から120年以上前の1892年に開始されていて、その際、旧藩士が市に対して桜の苗木を1170株贈ったのが、現在の「桜がいっぱいの公園」のはじまりとなっています。

今では、見頃になると、ソメイヨシノなど約800本の桜が公園中を華やかにいろどるんですよ!

青森の弘前公園や角館武家屋敷は全国的に桜で有名ですが、あまりにも観光客が多すぎて、人混みに酔っちゃう方もいらっしゃるかもというくらいです。

桜を見るより人を見るようで疲れそう…という方は、千秋公園でお花見する、というのも良いですよ(^_^)

桜まつりの時期は、その時期の気候によって変わってきますが、平均して4月の中旬~下旬ぐらいです。

4月下旬には、夜桜のライトアップも開催されますよ。

ただ、大型連休前には見頃が終わってしまうことも多いので、確実に桜を楽しみたい方は、大型連休前にお花見の予定を立てるのがお勧めですね。

うまくいけば、桜以外のお花も色々楽しめます。

千秋公園の桜まつりの見どころは?

千秋公園は、入り口から坂を上がっていくと、二の丸と呼ばれる大きな広場が見えてきます。

この二の丸が、にぎわいのメインです。

二の丸には、常に売店がある他に、桜まつりの時期にはステージが設置され、民謡や太鼓演奏などのイベントが土日に開かれます。

本場の秋田民謡を耳にする絶好のチャンスですね。

秋田の民謡歌手さんの歌声は、迫力がありますよ(^_^)

また、約100軒弱のたくさんの屋台が並ぶのも、お馴染みの光景です。

様々な屋台を回って色々な味を楽しむのも良いですね。

お花見の醍醐味は屋台!という方なら、絶対に満足できます(^_^)

また、県外からいらした方は、是非、ビーチパラソルの下で販売していることでお馴染みの

「ババヘラアイス」を食べてみて下さい。

おばあちゃんの販売員さんがバナナ味とイチゴ味のアイスを、ヘラでコーンに盛り付けることが名前の由来の「ババヘラアイス」ですが。

そのお味は、あっさりしてシャキシャキした食感が心地よいので、是非食べてみてくださいね!

秋田市千秋公園内の「佐竹資料館」はどんなところ?

千秋公園の二の丸に面して建てられている秋田市立の資料館です。

入館料も100円と安く、桜見物と合わせて観覧してみるのがお勧めです。

秋田藩主佐竹家の資料を展示公開している資料館ですが、「佐竹」の名で分かる通り、秋田県の佐竹敬久知事は佐竹家の分家・佐竹北家の第21代の当主なのです。

(先ごろ、「龍角散の のどすっきり飴」のコマーシャルに 秋田県知事として出演していた人です!殿様の格好で登場したコマーシャルもありましたね)

そんな知識を頭に入れながら見学すると、また違った興味が出てくるかもしれませんよ!

初代藩主の佐竹義宣公の甲冑や絵など、佐竹家に関した様々な資料が数多く展示され、秋田の藩政の時代が分かるようになっています。

100円という安い入館料とは思えないほど充実した内容です!

特に歴史好きの方、最近ブームの「歴女」の方は絶対に満足できますよ(^_^)

また、公園内には、見張りの場所、武器を保管する倉庫として使われた御隅櫓(おすみやぐら)、物頭の詰め所として使用されていた御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)

などがありますので、資料館と一緒に見学してみてはどうでしょうか。

これらは公園のちょっと上の方にありますので、歩いて行くと、

いいウォーキングにもなりますよ(^_^)

千秋公園へのアクセス

電車・新幹線の場合、JR秋田駅で下車して西側に約10分弱歩くと、右手に緑豊かな公園が見えてきます。

道路にも案内はありますが、初めての方は、秋田駅の改札のすぐ前にある「秋田市観光案内所」で場所を聞いてみて下さいね。

観光パンフレットが用意されているので、秋田市での滞在時間がたくさん取れるようなら、市内の他の名所も職員さんが丁寧に教えてくれるので、色々回ってみるのも楽しいです。

また、案内所には、英語が得意な職員さんが常時いらっしゃいますので、外国の方も安心して訪問できますよ。

車の場合は、秋田自動車道の「秋田中央インターチェンジ」で下車して約15分ぐらいになります。

公園の中にも有料駐車場がありますが、残念ながら14台しか収容できず、常に満車の事が多いんです(^_^;)

公園のすぐ南側に商業施設「エリアなかいち」のビルがあり、その中に、収容507台・24時間営業の大きな駐車場があります。

1時間100円と、公園の近くで一番お得な駐車料金ですので、千秋公園のお花見の際は、こちらに駐車するのがお勧めですよ!

また、桜の開花状況がわかってきたら、追記していきますね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする